エステサロンでも導入されている最新脱毛器なら業務用脱毛器のCLEAR/SP

業務用脱毛機の価格・値段相場は?必要な費用はどのくらい?

脱毛サロン開業の際に必要になる業務用脱毛機。一台あたりの価格は決して安いものではなく、200万円から300万円程度するものが多いです。

高い買い物だからこそ、後悔のないマシン選びをしたいですよね。ということで今回の記事では、業務用脱毛機の費用について徹底解説。業務用脱毛機購入の際のヒントにしてみてください。

業務用脱毛機の価格に関するチェックポイント

業務用脱毛機の価格をチェックする際は、購入価格(初期費用)だけではなく、ランニングコストにも着目しましょう。初期費用とランニングコストを足した、総費用を計算することで、本当にコストパフォーマンスの高い業務用脱毛機を見つけることができます。

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

初期費用

業務用脱毛機の購入時に、まず気になるのは、業務用脱毛機の初期費用(購入費用)でしょう。株式会社NBSの業務用脱毛機CLEAR/SP-efと、その他のメーカーの業務用脱毛機の価格を下記にまとめてみました

上記を見て確認できるように、業務用脱毛機は安くても100万円以上の製品で、高いものだと500万円程度の費用が必要になります。基本的には価格に伴って機能・性能も向上していきますが、一概には言えない部分なので、デモ体験を受けるなど、脱毛機の性能や使い心地を体感して購入を決めるのがもっとも確実でしょう。

分割払いに対応していたり、レンタルに対応しているメーカーや販売業者も存在します。「いきなりそんなに高額な支払いはできない」という方は、そのようなメーカーを探してみるのも良いでしょう。

ランニングコスト

業務用脱毛機を選ぶ際には、マシンの初期費用ばかりが注目されがちですが、ランニングコストも長い目で見ると非常に重要になってきます。業務用脱毛機のランニングコストとは、ランプの交換費用のことを指します。

脱毛機には照射回数の上限があります。例えば株式会社NBSのCLEAR/SP-efであれば、100万発を目安にランプを交換する必要があります。

ランプの交換費用が高いと、どうしても業務用脱毛機のランニングコストが高くなってしまいます

下記、ランプの交換費用についてまとめてみました。

上記のランプの交換費用を1ショットあたりの価格に計算し直すと下記の通りになります。

1ショットあたりの金額に直すと、どのメーカーも差額は1円未満が多く、それほど大きな金額差には見えないかもしれませんが、1回の全身脱毛にかかるコストに計算し直すと、実はマシンによって大きな差が生まれてきます。

一回の全身脱毛にかかるランニングコスト比較

最も高いR社【4,800円】と最も安いE社【300円】を比較すると、何と4500円も一人当たりの全身脱毛にかかるランニングコストが変わってきます。施術するたびに、毎回これだけのコスト差が発生してしまうと、1,2年経った頃には初期費用の差額を埋めるだけのランニングコストがかかっているケースも往々にして存在します。

業務用脱毛機選びでは、ランニングコストにもしっかりと着目した上で選ぶようにしましょう。

メンテナンスなどその他の費用

初期費用とランニングコスト以外にも、メンテナンス費用がかかる場合があります。

メンテナンスは、購入時のサポートに無料で含まれている場合もありますし、別途有料で対応しているメーカーもあります。どちらのパターンなのか事前に調べておくと良いでしょう。

その他にも、電気代やマシンの使用に必要な初期費用等々についても、事前に確認しておきましょう。

業務用脱毛機の選び方

ここまで、業務用脱毛機の価格について詳しく解説してきましたが、「安い商品=悪い商品」「高い商品=良い商品」というわけではありません。

結局は、価格と性能のバランス(コストパフォーマンス)をしっかり理解することが重要になります。

ということでここからは、業務用脱毛機のコストパフォーマンスをチェックする際に、ぜひ確認しておいてほしいポイントを、大きく3つに分けて解説していきます。

機能

機能とは、施術をする際の機械のスペックのことを指しています。

効果は感じやすいのか、痛みは生じないのか、施術スピードは速いか、などが要チェックポイントとなります。

いくつかあるチェックポイントの中でも、今回は、痛みと施術スピードについて更に詳しく見ていきます。

痛み

業務用脱毛機を使用した際に生じる痛みは、集客に大きく関わります。特に、毛が濃い男性の施術であれば、必然的に伴う痛みも大きくなってしまうため、痛みを小さくするための工夫がとても重要になります。

出力レベルを自由に調整できたり、使用する際に照射面を冷やすことができる機械であれば、痛みを軽減させることができます。そのような機能が付いている脱毛機なのかをよくチェックしてみてください。

施術スピード

業務用脱毛機を選ぶ際に意外と見落としがちなのは施術スピードについてです。一人当たりの全身脱毛にかかる所要時間を、購入前によく確認してみてください。

一人にかける所要時間が短ければ、その分サロンのベッドの回転率も高くなり、売上も上がりやすくなります。また、施術するスタッフへの負担も小さくなり、スタッフのストレス軽減や、人件費の削減などにも影響します。

安い業務用脱毛機を購入したとしても、施術に時間がかかるマシンだと、かえって損をしてしまうことも十分にあり得るので、施術スピードについてもよくチェックするようにしてください。

多機能性

多機能性とは、業務用脱毛機に搭載されている付属機能のことです。例えば、スキンケア機能バストケア機能などがそれに該当します。

多機能な業務用脱毛機を導入すれば、施術メニューの幅を広げることができるため、幅広いお客様のニーズに対応できるようになります。売上アップや集客に貢献する業務用脱毛機をお探しであれば、多機能性にも注目してみてはいかがでしょうか。

安全性

脱毛業界は、実は顧客トラブルも多い業界となっています。

顧客トラブルを回避するためには、信頼のおける国内メーカーの業務用脱毛機を使用するのがおすすめです。国内メーカーの業務用脱毛機は、日本人の肌に合わせたマシンになっているため、肌トラブルもおきにくく、万が一の故障にも迅速に対応してくれるといったメリットがあります。

まとめ

業務用脱毛機を選ぶ際は、決して価格だけに着目するのではなく、価格と性能のバランスをしっかりと見極める必要があります。

価格と性能のバランスを見極めるためには、業務用脱毛機を実際に使ってみたり、体験してみたりすることが最短の近道です。

各メーカーが無料デモ体験や、研修会などを開催しているので、購入を検討している方は気軽に参加してみてはいかがでしょうか。

また、株式会社NBSの販売する業務用脱毛機「CLEAR/SP-ef」について気になる方は、ぜひ下記サイトをご確認ください!

業務用脱毛機CLEAR/SP-ef

前へ
次へ
一覧に戻る