エステサロンでも導入されている最新脱毛器なら業務用脱毛器のCLEAR/SP

セルフ脱毛サロンの開業資金はいくら?通常のサロンとの違いを解説

大手チェーン店から個人店まで、脱毛サロンは全国各地に多数ありますが、従来の脱毛サロンはスタッフが施術を行うことが当たり前でした。
しかし、近年増加しているセルフ脱毛サロンは、名前の通り、お客さま自らが脱毛機を操作し、施術を行うというスタイルを取っています。

これから脱毛サロンを開業する場合、普通の脱毛サロンかセルフ脱毛サロンか選択する必要がありますが、二つにはどのような違いがあるのでしょうか。
今回は、セルフ脱毛サロンのメリットや開業資金などについて、このコラムで詳しく解説します。

セルフ脱毛サロンとは?

冒頭でも述べた通り、セルフ脱毛サロンは、お客さまが自分自身で施術を行うスタイルの脱毛サロンです。
設置してある脱毛機は、通常の脱毛サロンで使用されているものと同じ業務用であるため、セルフ脱毛サロンだからといって、性能が劣るということはありません。

実際にセルフ脱毛サロンを利用する場合の流れは、このようになっています。

以上の通り、自分自身で脱毛し、簡単な清掃を行ってもらうという点以外は、通常の脱毛サロンと大きな違いはありません。

ただ、決められた時間内であれば自由に脱毛することができるため、気になっている部位を集中的に脱毛することも可能です。
人に見られることがないというのも、セルフ脱毛サロンの特徴です。

セルフ脱毛サロンの料金システム

セルフ脱毛サロンの大きなメリットの1つは、料金が安いということです。
同じセルフ脱毛サロンでも、受付スタッフがいる場合といない場合がありますが、お客さまが自分で施術することで、人件費を大幅に抑えることが可能です。

各サロンによって料金システムは異なりますが、大まかには月額会員制と都度払い制に分けられます。

月額会員制は、毎月会員費を支払うことで、そのサロンを利用できるようになるシステムです。
1カ月間の利用回数に上限がある場合とない場合がありますが、月額制であることにより、安定して収益が発生します。

一方、都度払い制は回数や頻度に関係なく、利用する際に毎回料金を支払います。
あまり頻繁に利用しないユーザーや、体験として初めて利用するユーザーからの需要が高いです。

セルフ脱毛サロン開業のメリット・デメリット

通常の脱毛サロンと比べ、セルフ脱毛サロンを開業するメリット・デメリットを解説します。

セルフ脱毛サロン開業のメリット

まず、セルフ脱毛サロンを開業するメリットを解説します。

人件費を抑えることができる

通常の脱毛サロンの場合、全体のランニングコストの中でも、人件費は特に高い割合を占めます。
しかし、セルフ脱毛サロンの場合は受付スタッフや事務スタッフのみしか雇う必要がないので、発生する人件費は最小限に抑えられます。

未経験でも開業できる

脱毛の施術を効率的に行うには、ある程度の技術や経験が必要ですが、セルフ脱毛サロンはスタッフが施術を行うことがないため、開業のハードルが低いです。
とはいえ、脱毛に関する基本的な知識や、脱毛機の一連の操作方法は習得しておく必要があります。

競争率が低い

セルフ脱毛サロンは、現在のところ店舗数は多くありません。
また、通常の脱毛サロンには無い、下記の様なメリットをユーザーに分かりやすく提示することができます。

これらの理由から、通常の脱毛サロンと比較して競争率が低いというメリットがあります。

接客する必要がない

脱毛サロンは脱毛の知識や経験だけではなく、一定の接客技術も必要になります。
通常はそのための育成期間や費用がかかりますが、セルフ脱毛サロンの場合は必要ありません。

感染症への感染リスクが低い

コロナ禍において、スタッフと接触することに抵抗を抱き、脱毛サロンの利用を控えるユーザーは大幅に増加しました。
一方でセルフ脱毛サロンでは、スタッフと接触せずに脱毛することができます。
感染リスクが非常に低いことも、ここ数年でセルフ脱毛サロンの注目度が上がっている理由の1つとして挙げられます。

365日24時間営業も可能

完全無時間型のセルフ脱毛サロンでは、365日24時間営業も可能です。
従来の脱毛サロンでは、自分のスケジュールと脱毛サロンの営業時間がかみ合わず、なかなか予約できないというケースも珍しくありませんでしたが、セルフ脱毛サロンならそのような問題も解消することができます。

セルフ脱毛サロン開業のデメリット

一方、セルフ脱毛サロンの開業には、以下のようなデメリットがあるということも理解しておきましょう。

顧客単価が低い

セルフ脱毛サロンの人気が高まっている理由の1つは料金の安さですが、その分顧客単価は低くなります。
それによって売上全体が落ち込んでしまうと、いくら人件費が抑えられるとはいえ、トータルの生産性まで下がってしまいます。

また、脱毛エステティシャンは高い技術を持ち合わせているため、通常の脱毛サロンの方が回転率が高かったり、脱毛効果が発揮されやすかったりという側面もあります。

トラブル発生時の対応が困難

お客さま自身が施術を行うセルフ脱毛サロンでは、何かトラブルが発生した際、スムーズに対応することが困難です。
お客さまが迷うことなく脱毛機を操作するための配慮を施すだけではなく、何かあった場合の対応策を用意しておく必要があります。

開業費用(初期費用)が高くなる傾向にある

セルフ脱毛サロンは顧客単価が低いため、高い利益を生み出すためには、できるだけ多くのユーザーに利用してもらう必要があります。
複数の個室がある広い物件を確保し、個室と同数の業務用脱毛機を用意しなければいけません。
小規模の個人サロンとして開業することに比べると、開業費用(初期費用)が高くなる傾向にあります。

セルフ脱毛サロンの開業資金は?

セルフ脱毛サロンを開業する際には、以下のような費用が発生します。

これらはあくまで一例ですが、合計するとおよそ500万円前後は必要です。
さらに、サロン規模を大きくしたり、外装・内装にこだわる場合だと、1,000万円を超えることもあります。

一方、オーナーが1人で運営するような個人サロンであれば、200万円程度で開業できる場合もあります。
規模が小さく、売上に限界はありますが、その分初期費用とランニングコストは抑えられるため、十分な利益を得ることができます。

有人型か完全無人型か

セルフ脱毛サロンは、受付スタッフが常駐している有人型と、誰もいない完全無人型があります。

有人型サロンだと、お客さまが脱毛機の操作方法やサロンの利用方法に戸惑った際にサポートすることができます。
万が一トラブルが発生した場合でも、1人でもスタッフがいればお客様からの安心感も高まるでしょう。。

一方で完全無人型の場合、お客さまのサポートをすることは難しいですが、より人件費を抑えることができます。
お客さまが誰とも顔を合わせることなく利用できるという点もメリットで、より気軽に足を運んでもらうことができます。

セルフ脱毛サロンはフランチャイズ開業も可能

脱毛サロンを開業する際は、フランチャイズに加盟するというのも選択肢の1つです。
加盟料や毎月のロイヤリティなどは発生しますが、そのフランチャイズのブランド力や知名度を活用することで、開業時から多くの顧客を獲得できる可能性があります。

物件探し、必要な備品、集客方法など、開業や運営のノウハウを共有してもらえる点も、フランチャイズに加盟するメリットです。

セルフ脱毛サロンは危険?

お客さまが1人で業務用脱毛機を使用するということに不安を抱く方は多いですが、近年の業務用脱毛機は安全性や操作性が大きく向上しています。
肌への刺激も抑えられており、トラブルが起きるリスクも低いです。

しかし、それでも危険が全く伴わないわけではありません。
ゴーグルの着用や脱毛ジェルの塗布など、お客さまに必ずルールを遵守してもらうよう、念入りに注意喚起する必要があります。

セルフ脱毛サロンの開業は今が狙い目!

新型コロナウイルスの影響もあり、セルフ脱毛サロンの需要はどんどん高まっています。
通常の脱毛サロンと比較すると、競争率もまだ低いため、今が絶好のタイミングだと言えます。

前へ
次へ
一覧に戻る